孤律無演

SFとジャズが生きる糧

正解するカド

※ネタバレありにて、嫌いな方はお引き取り下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

散々ネタになった内容。俺も最初見た時は頭の中に疑問符しか浮かばなかった。

特にまど先生のファンでも無かったし。

しかし視聴に時間を費やしてしまった事もあり、そこそこな時間でカドについて考えた。

また多くの人が意見を言っていて、性分として果たして「本当にそうなのか?」といちち考えてしまう性質なので、考えてしまった。

 

その結論として

やっぱり「つまらない」という結論になった。

 

しかしもうひとつ言うと「カド」は俺に「面白いとは何か?」を考えさせてくれる契機となった。

 

2クールが1クールになったがどうたらこうたら言われていたが、そういう事は関係ないと思う。全ては結果で出てしまった物が全てなのだ。

 

思考がぐるぐる回った後に、多くの人がかなりの怒りを感じて攻撃的な意見を述べていた。それら全てに同調する事もあれば冷静さを欠いている眉唾物に困惑したりと、多種多様な物がごった煮で流布されていた。

 

多くの意見であったのは

 

①最初のシンゴジラのようなリアル路線からいきなりラノベ作風に変わった。

②最終回でいきなりチートキャラが出てきて全てを解決した。

 

他にもたくさんあったが、大体の意見で共通していたのがこの二つだった。

最初は俺もそう感じた。その通りだと。

 

でも途中からこう考えた。本当にこの二つがあったからいけなかったのだろうか?

この二つはしてはいけない事なんだろうか?

展開の禁忌なんてものが存在するんだろうか?

 

仮定として2クールあったとしたら、①の問題は全て解決する事が出来そうな気がする。サラカが異方存在だった事が唐突すぎたのは賛否両論だったが、そこに至るまでの伏線を考えればいいんじゃないだろうか。

 

そんなこんなをぐるぐる考えると二つの問題は許されるような気もする

 

というか全て、尺があって演出や伏線をきちん張れれば展開における禁忌という問題は存在しない気がする。

 

しかしこれもIFの話をしてるからであって、机上の空論に過ぎない気もする…

 

でも「展開の禁忌」なんて概念は結果に対して、集団がマジョリティを錦の御旗にして攻撃するために勝手に作った概念のような気がするんですね。

 

②に関して、最終回で何の脈絡を持たずにいきなり出てきたからいけない訳で、それまでに伏線を貼っておいて、登場させれば良い

 

それに誰かが言ってましたが、「敵を倒す為だけに子作りするとか頭おかしい」

 

これも納得なんですが、だったら最後に出てきた娘の「その苦悩」自体を描いたら面白かったんじゃないかなぁと思いました。

 

隔離空間で敵とは言え、殺害を目的として作られた子供。

…なんかどっかでありそうな展開ですけど、それはそれで面白そうですね。

 

ここまであーだこーだ言ってきましたが、思ってる事はひとつです。

 

みんなすぐに決め付けたがる。

 

自分の枠内で押し込めて、更にカテゴライズしようとする。

「これはこうだから、つまんないんだ」と決定してそれで脳内のごみ箱に移動する。

 

安易だなぁと思う訳です。偉そうに言っててすみません。

けどこれ自分も陥りがちな罠なんですよね。

 

まー正直、カドに関してはどうしようもねぇしつまんねぇなと思う訳ですが

なんかもうちょっと立ち止まって、あらゆる角度から深く思索してみるのも勉強になったり、面白いんじゃないかなと思います。

 

場合にもよりますが、理解出来なくて困るという事は

「自分の限界を超えている」という事です。

 

つまりはそれを理解出来た時には自分が成長する訳です。

 

簡潔に言えば「わかんない」って面白くないですか?

 

自分のオタクの始まりがエヴァに感化されているので、そういう思考になってしまったのかもしれないです。

 

今の現代社会って何もかも加速していて立ち止まっていられない社会なので仕方ないとは思いますが、なるべく自分も陥りがちな罠なので気を付けたいと思います。

 

特にカドについては「素材は良かった」という事もあり、お暇でしたらIF展開を妄想してみるのも面白いんじゃないでしょうか。

 

脳は「変化」する事で幸福を感じると脳科学では言われているらしいです。

あ、こうすれば!と思いついた瞬間は少し嬉しかったりします。

 

…かなり暇人ですね。自分は通勤の電車内でよく考えたりします。

 

 

文学になってしまいますが、同じように年齢と共にわからなかった物がわかったりする時も嬉しいです。

自分にとってはサリンジャーの「ナイン・ストーリーズ」がそうでした。 

ナイン・ストーリーズ (新潮文庫)

ナイン・ストーリーズ (新潮文庫)

 

 長い事わからなかった。ライ麦は直ぐにわかった、感覚的にだけど。

しかしこれに関してはどこが面白いのは5年ぐらいわからなかった。

尊敬する森博嗣先生の愛読書という事を信じてわからないながらもたまに読み返す日々だった。

未だにわかっているかどうか、ちょっと怪しいけど。

 

 

自分に合ってる合ってないはある訳で全ての物と相性があるから、一生理解出来ない物というものもあるだろう。

その辺をまた考えるのも一興でまた楽しい。

 

最後に「お前が、みんながすぐに決め付けたがるって決め付けている!」と言われたらどうしようも無い。自己矛盾と対比でした。